93便

提供: 911事件を検証する公開討論会Wiki
2011年3月6日 (日) 21:20時点におけるEditor (トーク | 投稿記録)による版

(差分) ← 古い版 | 最新版 (差分) | 新しい版 → (差分)
移動先: 案内検索
きくちゆみさんの見解 菊池誠さんの見解 その他の方の意見
93便に乗っていたマーク・ビンガム(機内でテロリストと闘い国を守るために93便を墜落させた国民的英雄の1人。映画『ユナイテッド93便』に詳しい)の死亡広告が911事件より前に用意されていたのはなぜか?

こちらを参照。

「死亡広告が事前に用意されていた」と書かれるのはかなりミスリーディング。正しくは、CNNの犠牲者追悼サイトにあったマーク・ビンガムの写真が、写真のデジタルデータに記載されたタイムスタンプに従えば911以前の2001年8月30日に編集されていたことになる、ということ。

ところが、マーク・ビンガムは93便に乗る予定ではなく、その前日の飛行機に乗るはずだったので[1]、8月30日の時点ではマーク・ビンガムが93便の乗客になることを誰も知らなかった。だから、写真のタイムスタンプが間違っていると考えるのが自然。

この「写真の謎」を陰謀の証拠だと考える人たちは、犠牲者追悼サイトを作ったCNNが911を事前に知らされていたと言うのだろうか。BBCの誤報の件もそうだが、BBCやCNNが事前に陰謀を知らされていたと考えるのは、あまりにも荒唐無稽ではないか。なぜ陰謀を報道機関に事前に告知し、なぜ報道機関はそれを秘密にするのだろうか。

画像データに含まれていた日付情報が正確だと信じられる根拠は?9.11後に乗客の追悼サイトを制作した際、画像加工の作業を行ったPC内のカレンダー・時計がずれていただけだった可能性は考慮できないか?

PCをスタンドアローンで使っていれば、徐々に時計が実時間からずれていき、それが積み重なって数日〜数カ月に及ぶことは珍しくない。 インターネットに繋がっていれば、タイムサーバーからの信号でPC内の時計を修正することも可能だが、2001年当時、全てのPCにそんな設定がなされていたとは限らない。 つまり、作業PCが狂っていただけという可能性も充分考えられるし、それを否定できる材料もなさそうだ、ということだ。

911の真実を求める建築家とエンジニアたちは、ペンタゴンのことや93便のことはやらないのです。

(私もペンタゴンのことは、「不思議ですねえ」以上のことが言えないので、これ以上、手も足も口も出ません)

きくちゆみさんは「ボーイングを捜せ」をずいぶん宣伝されたのでは?
・「ユナイテッド93便からの電話は捏造で撃墜された」

これは私のどの作品ですか?『911の嘘をくずせ(ルースチェンジ・セカンドエディション)』でしょうか? これを作ったのは若い3人のニューヨーカーですが、何も結論は出していませんよね。彼らの作品の冒頭で紹介したノースウッド作戦のことは興味深かったですが(1963年に、マクナマラ長官が却下し、ケネディー大統領がノースウッド作戦本部長を首にした、キューバ侵攻のための自作自演のテロ作戦のこと)。 こちらを参照。

グリフィンの説でしょうか。グリフィンはかなり無茶苦茶を言いますね 『ルースチェンジ』は、「撃墜された」とはいっていないが、93便がクリーブランドの空港に着陸したという誤報をネタにして、93便は4機のハイジャック機の搭乗者全員を乗せてクリーブランドの空港に着陸。搭乗者全員がNASAの施設に収容されたという仮説を説明している。電話も音声合成技術による合成だったといっている。結論はいっていないが仮説を明確に示している。示しているのは基礎的な事実(証拠)ではない。(『ルースチェンジ』の59分52秒付近、1時間11分8秒付近)