差分

移動先: 案内検索

ワールドトレードセンター全般(WTC1/2/7)

584 バイト追加, 2011年2月16日 (水) 22:47
編集の要約なし
|style="background-color:#ffffcc;"|NIST(米国標準技術局)が世界貿易センタービル崩壊について報告書(阪大の菊池誠教授などが、「読んだのか」と迫るその報告書)を出しているが、その一部を請け負ったアンラーライターズ・ラボのケヴィン・ライアン氏によれば、NISTはビルを崩壊させるために燃料の量を倍にし、燃焼時間も倍にし、強度を半分にするなど、データを改ざんした。なぜ誰も調査しないのか。
|ケヴィン・ライアンはWTCの仕事に関与していない[http://www.democracynow.org/2006/9/11/exclusive_9_11_debate_loose_change]。データ改ざんというのは、シミュレーション? 出典を教えてください
|ケヴィン・ライアンのNISTの数字改竄について。NCSTAR1(p20,p38)では、767の最大航続6600mi、燃料最大積載23980gal、衝突時の残存燃料推定がAA11が10000gal、UA175が9100gal。ボストン・ロス間の距離3000miとなっている。単純な割り算のみで燃費を計算し残存燃料で飛行可能な距離を算出するとAAが2752mi、UAが2505miになる。燃料の数値は妥当といえるだろう。改竄の疑いのある燃料、燃焼時間、強度のデータについてきちんとソースを示すべきだと思う
|-
|style="background-color:#ffffcc;"|世界貿易センターの3つのビルの地下に3週間以上たっても存在した溶解した鋼鉄のプールがあったのはなぜ?そのエネルギーはどこから?

案内メニュー