差分

移動先: 案内検索

ワールドトレードセンター全般(WTC1/2/7)

24 バイト除去, 2011年2月12日 (土) 14:07
編集の要約なし
これは、落下初期のある区間で、自由落下よりも長時間を要するシミュレーション結果と、
現実の観察との間で落下時間の辻褄を合わせるために、ほとんど動きも加速もない第1
ステージを加えることによって現実の所要時間に下駄を履かせたごまかしです。ステージを加えることによって現実の所要時間に下駄を履かせたごまかしだ。
・第2ステージは、ほぼ自由落下状態だったが、
これは自由落下の意味を、ニュートンの運動法則で単純に言い換えた一種のトートロジー
(同語反復)に過ぎません。(同語反復)に過ぎない。
・これらは、構造解析モデルの結果ともよく一致
報告書本文(ダイジェスト、分冊とも)に上のトートロジーを越える「説明」はなく、
完全に詐欺ですね。完全に詐欺だ。
ドラフト発表時には、研究代表者のシャイアム・サンダー博士が自由落下は不可能だと明言し、
当時のこのFAQで自由落下を否定していた段階
([http://911blogger.com/news/2010-12-01/nist-wtc-7-faq-alterations-revealed NIST WTC 7 FAQ alterations revealed]から、崩壊シナリオもシミュレーションも変更されてないのだから当然です。から、崩壊シナリオもシミュレーションも変更されてないのだから当然だ。自由落下と制御解体が同値でないことは自明で、自由落下ならば人為的破壊を強く示唆しますが、人為的破壊が必ずしも自由落下を起こすわけではないのは当然です。自由落下と制御解体が同値でないことは自明で、自由落下ならば人為的破壊を強く示唆するが、人為的破壊が必ずしも自由落下を起こすわけではないのは当然だ。落下し始めたWTC1上部の運動で、衝撃(= 加速度の急減少)や加速度の減少が観察されないことは自重崩壊ではないことを強く示唆し、これを自重崩壊で説明するためには、都合のいいアクロバティックな想定をしなければなりません。加速度の急減少)や加速度の減少が観察されないことは自重崩壊ではないことを強く示唆し、これを自重崩壊で説明するためには、都合のいいアクロバティックな想定をしなければならない。
|-
|
397
回編集

案内メニュー