差分

移動先: 案内検索

ワールドトレードセンター全般(WTC1/2/7)

705 バイト追加, 2011年2月5日 (土) 07:59
編集の要約なし
|ゲイジは低層建築が専門で超高層は専門外。この問題ではゲイジよりも超高層ビルの専門家のほうが信頼できるのは当然
|私は、構造工学や材料力学や発破工学の授業を大学で受けた。トンネル工学が専門で、構造工学の専門家ではないので断言はできないが、ビルの設計図からその構造を理解し、崩壊に必要なエネルギーを逆解析し、所定の位置にダイナマイトをセットし、内に向かって崩壊するように上部からドミノ倒しのように自重を加味しながら発破を仕掛けてゆくといった制御破壊のセットは、10日間でも無理だと思う。
|-
|style="background-color:#ffffcc;"|映像に残されているWTCツインタワーと第7ビルの、崩壊の最中とその前後に起こった様々な客観的事実に照らし合わせて検証する限り、爆破による破壊以外の説明では、必ず致命的な矛盾が発見される。私たちの判断基準は、何よりも「事実を合理的に説明できるかどうか」だ。
 
現時点で私たちは、「爆破解体」の他に、実際に起こった事実を、もれなく説明できる仮説には出会っていない。したがって今のところ、「爆破解体」仮説だけに可能性が開いている、と言わざるを得ない。
|
|
|}

案内メニュー