差分

移動先: 案内検索

第7ビル(WTC7)

1 バイト追加, 2011年1月31日 (月) 02:24
全般
|ウキウキリークス陰謀編
イン おい、何とかフセインにケンカをふっかける口実はないかな。いくら爆撃で挑発しても反撃してこないから、このままじゃ戦争を仕掛ける口実がなくなっちゃうよ。
 
ボウ じゃあ、イスラムのテロリストの犯行をでっあげよう。リモートコントロールされた飛行機2機をWTCビルに突っ込ませて、ハイジャックされた旅客機だと言うんだ。
イン そりゃすごい。ボウ それから、工作員の手でビルを二つ爆破解体する。イン おいおい、飛行機を突っ込ませるだけで十分じゃないのか。ボウ いや、そのビルだがね、アスベスト対策に金がかかって困ってるんだ。テロのついでに壊してしまえばアスベスト対策は必要なくなる。建て替えるにも保険がおりるから安上がりじゃん。イン なるほど。ボウ 爆薬は使い慣れた通常爆薬ではダメだ。誰も使ったこともなく、爆破実績もない、研究開発中のナノサーミットという新型爆薬を使わなくてはならない。そのために、セットは一からやる。必要な数㌧の爆薬をコンクリートをはがして柱に貼り付けてからまた塗装し直して隠し、全長数十kmの電線を見えないように張り巡らせるという大工事を、誰にも知られずに事前にしておかなくちゃな。イン 何だってそんなややこしいことをするんだよ。爆弾でつぶしておいて飛行機のせいでつぶれたというより、爆弾でつぶしてテロリストの爆弾のせいだと言えばすむじゃないか。ボウ 飛行機が突っ込んだ方が市民の怒りをかき立てるからな。それと、その後、ペンタゴンにミサイルをぶち込む。イン どうしてそこまでするんだい。ボウ WTCだけじゃ足りないんだ。ニューヨークでは飛行機を衝突させてそれが飛行機だったというんだが、こちらは巡航ミサイルをぶち込んで、飛行機だったと言うんだ。イン それより飛行機を衝突させてそれが飛行機だと言った方が簡単じゃないか。ボウ だめだ。しかも目撃者が多くてバレやすいけど、真っ昼間を選んで実行しなければならない。イン なんだかよく分からないけど、それが必要ならそうしよう。ボウ 次いで、ペンシルヴァニアの田舎で、ありもしない飛行機墜落を偽装する。WTCは崩れるビルで沢山の人に死んでもらって沢山死んだと言うんだが、こちらは飛行機は落ちなくて誰も死なないのに死んだと言うんだ。イン テロリストをおだてて本当にハイジャックさせた方がリアルじゃないのか。ボウ いや、理由を説明するのは難しいが、これしかないんだ。イン わかったよ。いや、よくわからないけど、そうするよ。ボウ これらの偽装のために、数百人の架空の犠牲者や、存在しない行方不明の搭乗員や飛行機について説明を創作するんだ。もちろん、その飛行機が実在したという飛行記録や航空会社の在籍記録もこしらえておくし、「そんな飛行機も仲間もしらねえ」なんていう作業員や航空会社員が出てこないように、念入りに完璧な口裏合わせをするんだ。それから架空の犠牲者の家族を演じる役者を数千人用意する。TVカメラに向かって架空の人物の思い出話をしてくれる近所の人も大量に養成する。もちろん全員シロートでなくてはならない。役者をつかったらバレるからな。そして、エキストラは役目が終わってもどこかに引っ越したりしないで、その家にずっと住んでもらう。そうしないと、いつ誰が調べに来るかわからんからな。あ、架空の犠牲者の生前の話をでっちあげる脚本家を雇わなければならないな。あと、架空の市民が生存していたことを示す住民票や納税記録もつくる。すると架空の納税によって数字が変わる予算や決算の書類も十年分ぐらい一から全部作り直しだ。ついでに、ハイジャックされた飛行機から家族に電話がかかったことにしよう。そのために大量の通信記録をでっち上げて、電話会社のコンピュータに侵入してデータを書き換えるんだ。手間の掛かる仕事や捜査の対象になりかねない危険な作業の連続だが、そうするんだ。イン 「協力できない」と言い出す奴がいないかな。ボウ そんな奴が一人でもいては謀略がオジャンだから、いないはずだ。仕上げに、飛行機が衝突していない、近くのビルを一つ爆破しておこう。イン 一体、何のためにそんなに複雑にするんだ。手間がかかるばかりだろうに。ボウ ともかく必要なんだ。イン それでイラクに侵攻できるのかい。ボウ いや、だめだ。テロの首謀者をかくまっているといって、まずアフガンに侵攻する。イン アフガンだな。で、イラクへはどうやって。ボウ そうさな、国連査察に協力しないとか、理屈はいろいろつけられるさ。イン う~ん、そんなのでいいなら、それまでの謀略は何のために必要なんだい。ボウ 説明しよう。たしかにイラクに侵攻するためならもっと簡単な謀略でいいだろう。しかもこれがバレたら関係者のクビが飛ぶぐらいでは収まらない。我々はへたをすると刑務所にぶち込まれるし、多分共和党は数十年にわたって政権を取れないだろう。だが、なに、「アスベスト処理費用の節約」と「ビルの建て替え費用の節約」のためなら、冒すべき危険であるにちがいない。イン そうだな。それしかない。ボウ ではさっそく、統合参謀本部、連邦航空局、ニューヨーク、ワシントンD.C.、消防局、三大テレビ局全部、架空の犠牲者の家族役1000人、その知人、子どもの学校の生徒や先生、会社の同僚や上役を演じる口の堅い素人、架空の住所地に指定された市町の役人、MI5、FBI、FEMA、NYPD、オサマ・ビンラディン、その他計画実行に必要な、おそらく10万人以上を組織する仕事に取りかかろう。イン 必要な予算は、下りるかどうか分からない保険金の数千倍に上るだろうけど、やるときはやるのがアメリカだよな。オッケー、パパにもできなかった大芝居を打ってみるよ。
397
回編集

案内メニュー